スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森部の戦い!!前田利家、大活躍☆信長、大絶賛!!!

「森部古戦場」碑。

Image097.jpg

ここで、織田軍1500、対、斉藤軍6000が戦いました。


「森部の戦い」の詳細。(画像クリックで大きくなります)

sexy_5314.jpg


戦死者を祀った、「薬師堂」。

Image095~00


この付近で、首実検が行われたといいます。

その時に、松の木に鎧を立てかけたそうです。

「鎧かけの松」

Image094~00


この松は、二代目ですが、テレビ放映の記念として、植えられたそうです。

一代目の松は、昭和の初め頃まで残っていたそうですが、治水事業を行う際、邪魔になって、伐採されてしまったようです><もったいない。。。

こちらが説明版。

Image093.jpg



この戦いで、前田利家(まえだとしいえ)は、ようやく織田家への帰参が許されたようです。


実は、さかのぼる事、2年前、利家は、信長の気に入っていた、十阿弥(じゅうあみ)という同僚を殺してしまいます。

利家の笄(こうがい)を十阿弥が盗んだからです。

笄とは、当時としては、おしゃれアイテムの一つで、耳をかいたり、髪をかいたりする道具。


それまでにも、十阿弥と、利家は、何度となく喧嘩になっていたようですが、耐えかねて、殺してしまったようです。


先輩武将の、柴田勝家(しばたかついえ)の説得もあり、なんとか、死罪だけはまぬがれましたが、信長の機嫌は収まらず、利家は、織田家から、追放されてしまいました。


今の時代で言うならば、「ニート」のようなものです。


一年後の、1560年、利家は、桶狭間の戦いに、勝手に参戦し、信長に、敵の首3つを持っていきました。


しかし、信長は、許してくれませんでした。


そして、さらに一年後、1561年、ここ、美濃森部の戦いにおいて、利家は、MVBと言っていいほどの活躍を見せます。


美濃の猛将、足立六兵衛(あだちろくべえ)の首を取ったのです。


足立の首は、城一つに匹敵する価値がある、と言われ、それを取った利家は、ようやく、帰参がゆるされました。








スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村
最新コメント
プロフィール

kuni(別名:前田慶次1111)

Author:kuni(別名:前田慶次1111)
FC2 Blog Ranking

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。