スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛利元就!!中国地方、平定の男

毛利元就(モウリ モトナリ)

元就が生まれる頃の毛利家は、安芸(今の広島県西部)の、一部の小勢力に過ぎなかった。

西には大内氏、東には尼子氏という巨大勢力に挟まれていた。その時々によって、大内氏側に従属したり、尼子氏側に従属したりと、少し判断を誤まれば、滅亡するという危機に、常に晒されていた。

1540年、ついに事件は起きた。30000人の大軍を率いて尼子晴久(アマゴ ハルヒサ)が侵攻してきたのだ。

元就は、居城である、吉田郡山城(よしだこおりやまじょう)に、3000人の兵と共に篭城。

時より500人程の兵を出撃させて、尼子勢と小競り合いをしながら、大内氏の援軍を待った。そうこうしているうちに、数ヶ月経ち、寒さと疲れで尼子勢の士気は、低下していた。

そこにタイミング良く、大内氏の援軍、陶晴堅(スエ ハルカタ)率いる10000人がやってきた。元就はこの時、晴堅の事を心強く思った事だろう。

やがて年が明け、極限に疲弊した尼子軍は、撤退。それに対し、大内&毛利連合軍は、奇襲攻撃に打って出た。これによって尼子軍の死傷者は数知れず。

毛利家は、この戦いによって、安芸の小勢力を集結する。

その後、また大事件が起こる。大内氏の当主、義隆が殺された。その殺した犯人が、あの陶晴堅である。いわゆる下克上(クーデター)である。

大内家中が揺れに揺れた。その隙に、元就は旧大内領を自分のモノにしていく。無論、陶晴堅が怒りを露わにするのは当然だ。

そしてついに、1555年、厳島の戦いが勃発した。

陶晴堅軍25000人が動き出す。しかし、元就の策略に引っかかり、厳島(宮島)に誘い出された。

毛利元就軍4000人は、数の上では劣勢。しかし、ある夜、豪雨となった。「これは好機。」と、激しい豪雨の中、船で回り込んで、再度、島に上陸。山の上に登った毛利軍。

夜が明けて、山を見下ろした先には、なんと、陶晴堅軍25000人が、休息しているではないか。

毛利軍は、山を駆け下り、奇襲攻撃を仕掛けた。あらかじめ、寝回しし、味方につけておいた村上水軍の活躍もあって、陶軍は壊滅。陶晴堅も自刃した。厳島神社が血で真っ赤に染まったという。5000人近くの戦死者が出るという壮絶な戦いだった。

これによって、毛利氏は、中国地方の巨大勢力となった。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

今川義元!!無念の死

名門、今川家の九代目当主、今川義元(いまがわ よしもと)は、駿河と、遠江(今の静岡県)の守護大名だった。

その容姿は、デブで、馬にも乗れないほど短足だったという。顔は、白い化粧を施し、眉も公家風にしていたという。

義元の移動手段は、輿(人が担ぐ乗り物)で、いかに自分の身分が高いかを誇示していたのだろう。

今川家の軍師である、太原雪斎(たいげん せっさい)と共に、今川家を大成長させていく。隣国の武田、北条と、時には戦い、時には和睦する。そうしたなかで、三河(今の愛知県東部)の松平家を帰順させる。

雪斎が没すると、義元は25000人の兵を率いて、尾張(愛知県西部)の織田領に侵攻する。

1560年5月18日、今川義元の大軍は、桶狭間(おけはざま)で休息をとっていた。そこに織田信長(おだ のぶなが)率いる、わずか2000人の軍勢に奇襲を受けて、あっけなく討たれてしまった。

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

本多忠勝!!無傷の猛将

本多忠勝(ほんだ ただかつ)は、言わずと知れた、徳川軍随一の猛将。

「蜻蛉(とんぼ)切り」の異名をもつ彼は、長さ5~6メートルほどの長い槍を持ち、自ら先頭に立って、敵軍に突進していった。

信長は、そんな忠勝を「(三国志のヒーローである)張飛のようだ。」と言ったという。

敵軍7~8万人に対し、本多忠勝の軍は、わずか500~550人程度の数で対峙。何十倍の数の敵を前に、堂々とした態度で挑む姿に、あの秀吉も驚いたという。

彼は、一生の間に、何十回もの戦を経験したが、いつも無傷であった。


前田慶次!!傾奇者(かぶきもの)伝説

前田慶次(まえだ けいじ)と言えば、戦国一の傾奇者(今で言う、魅力的かつ、風変わりな者)であった。

慶次は、あの加賀100万石で有名な、前田利家(まえだ としいえ)の兄である、利久の養子。

利久の死によって、慶次は、前田家にとどまる理由がなくなった。脱藩する際、利家をだまして、水風呂に入れると、名馬「松風」とともに、走り去ったのは、有名な話。

直江兼続と共に、上杉景勝に従えた。その際、慶次は、「(戦などで)どんな、いい仕事をしても、褒美はいらない。生活できるだけのものしかいらない。そのかわり、自由にしてくれ。」と願いでたそうだ。

そんな、慶次の自由奔放な、生き方や、「利」より「義」を重んじる姿は、現代の人々にも、愛される要因となった。



さて、そんな慶二の魅力に浸り、「前田慶次の刀(模造刀)」などをオフジェにするなんてどうですか?wwww

僕は、すでに買って、一人でちゃんばらしてます(危険なのでマネしないでくださいね^^;


「前田慶次の刀(模造刀)」は、コチラから買えます。
      ↓↓↓
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村
最新コメント
プロフィール

kuni(別名:前田慶次1111)

Author:kuni(別名:前田慶次1111)
FC2 Blog Ranking

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。